お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

柱上変圧器のお話をちょっと・・・

2006年05月31日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。


今日は、以前少しお話した柱上変圧器(トランス)のお話をします。

写真中の電柱に取付けてあるドラム缶のような形をしたものがトランスです。

このトランスが、みなさんのお住まいへの電気の供給元となっています。

北陸電力管内で使用されているトランスの殆んどが、
北陸電機製造株式会社製のものです。
時々、日立さんとかダイヘンさん製のものも見られます。





前から撮った拡大写真です。
下の方に「30」と刻印されていますが、これはトランスの容量を表示しています。
「30」とは「容量30KVA」を表しています。
北陸電力管内では「5、10、20、30、50、100」と6種類のトランスを採用しています。

供給先の住宅の電気使用量に合わせた容量のトランスを各電柱に取付けてあります。

また、この写真のトランスは海に近い地区に取付けられる「耐塩型」トランスです。他に「一般型」があります。

本体上部の白い筒状のものから電線が出ていますが、配電線から分岐した電流が電線を通してここへ入ってきます。

トランスへの電気の入り口ですね。
ここまで6300〜6600Vの電圧で電気が送られています。





後ろから撮った拡大写真です。
本体上部に黒い長方形の物体が3つ見えますが、これが電気の出口です。

トランスは入り口から入った高圧電流を変圧し、この出口から100Vと200Vの低圧電流を供給します。

一般家電製品が使用できる電圧に変換しましたから、あとはここからみなさんのお住まいに電線を張って接続すれば、宅内コンセントまで電気が届きます。

次回もトランス関連のお話をします。


 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

第三者の安全確保も必要です。

2006年05月29日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

これまでに、私たちの仕事が電気を扱うものであり、また電柱上で作業する高所作業であることをこのブログで説明してきました。

危険を伴うものなので、とにかく安全第一、安全な作業環境があって初めて私たちの作業が成立することを述べてきました。

また、これからも紹介していきますが、安全な作業環境を確保するために様々な道具が企業によって製造され、それを私たちが使用していることもこのブログでお話しています。

このように自分たちの安全を確保することも大切ですが、私たちは現場において第三者の安全を確保する義務もあります。

私たちは、みなさんのお住まいしている町に立っている電柱に昇って作業します。
作業車もその電柱の側に駐車することとなります。

みなさんが、電柱の近くに来て、路上においてある電線につまづいたり、作業車両に誤ってぶつかったりしたら大変です。
私たちと違って、みなさんはヘルメットを着用していません。
何かあった場合、みなさんの方がケガをする確率が高いのです。

私たちは現場でみなさんの安全も確保しなければなりません。

カラーコーン、コーン・バーで作業区画を明示し、作業している電柱や作業車両にみなさんが誤って近づかないようにしています。
また、工事中看板を設置することでこの周辺で電気工事をしていることをご案内し、みなさんのご協力とご注意を促しています。

電気工事業者だけでなく、建設・土木に関する全ての業者がこのように第三者に対する安全に配慮して、日々の仕事をしていると思います。

みなさんも私たちもケガ無く1日を終えることが、一番大切です。

 
Comment(3) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私たちの命を守る道具・ヘルメット〜その2〜

2006年05月27日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。


ヘルメットをひっくり返してみました。

発泡スチロールであったり、形状を工夫したベルトであったり墜落時や飛来物からの衝撃を和らげる仕組みが見られます。

気を付けてはいるのですが、作業中、電線が「こつん」とヘルメットに当たることがあります。
電線を手でグニャグニャ曲げたり、持ち上げたりした際に、勢いあまって自分で自分の頭に当ててしまうんですね。

でも、そんな時は「こつん」なので、「あ、当たった」みたいな感じで全然痛くはありません。

一度、雪の塊がヘルメットを直撃したことがありました。
5階建てマンションのてっぺんから、積もった雪の一部が溶けて落下し、偶然にも私の頭に当たったのです。

ヘルメットのお陰で怪我はしませんでしたが、その時の衝撃は凄かったです。
何が起こったのか、すぐには理解できませんでしたから。

そんなこともありましたが、私たちの頭部はいつもスターライト販売さんの製品に守られています。
興味のある方は、スターライト販売さんのHPもご覧下さい。
こちらから。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私たちの命を守る道具・ヘルメット

2006年05月25日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。


これは私たちが普段使用しているヘルメットです。
スターライト販売株式会社さんの製品を使用しています。

ヘルメットは頭部を保護する重要な道具です。

この製品は次に挙げる保護目的を満たしています。


1.飛来物による頭部への受傷を防止、または軽減する。
2.墜落による頭部への受傷を防止、または軽減する。
3.頭部の感電を防止する。

7,000Vまでの電圧に耐えられるようになっています。

当然のことですが、作業中は常に着用しています。
このヘルメットにも大変お世話になってます。
慌てるとすぐ、どこにでも頭をぶつけてますからね。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

白いのはおでこだけではありません。

2006年05月23日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回、ヘルメットのお陰で年中、おでこが真っ白です、とお話しましたが、他にも日焼けしない場所があります。

腕も日焼けしません。1年を通して長袖の上着を着ているからです。

外線工事従事者は、必ず長袖の上着を着ています。

素肌の露出部分を少なくするためですが、その理由は2つあります。

1つは、作業中の怪我を防ぐことです。
作業中、腕が電柱に当たったり擦れたりすることもあるので、擦り傷を受けないようにしています。

もう1つは、やはり感電防止です。
電気を止めないで仕事をしている場合、万が一、腕が触れたとしても衣服によって少しでも体に電気が流れることを防ごうとしているのです。

安全な作業環境を作るために長袖上着の着用を義務付けているのです。

さすがに真夏はつらいですが、自分たちの安全のためだと思って毎日長袖で仕事をしています。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

本当は色白なんです。

2006年05月21日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

5月です。
五月晴れの日もちょくちょくあり、外で仕事をしていると気持ちのいいものです。
晴れの日は作業効率も上がりますし、特にこの時節は過ごし易い気温の天候が続きますから、一年の内で最も仕事が良くできる時期です。

でも、気になるんです。
紫外線が・・・
柄にもなく・・・


職業柄、日焼けすることはしょうがないと思ってますし、自分は女優ではありませんから、美白に興味があるわけでもありません。

気にしてるのは焼け方なんです。

眉毛から下は小麦色の健康的な肌に日焼けするんですが、眉毛から上、すなわちおでこは真っ白なままなんです。

これは、いつもヘルメットを着用して仕事しているからです。

ヘルメットのせいで、おでこは日焼けしないんです。
眉毛を境に上が白で下が黒の顔って鏡で見ると、結構滑稽です。


毎年のことなんで、もう開き直ってはいますが、真夏に撮影した自分の写真を見たりするとちょっと恥ずかしい気分になります。
そんな恥らいを感じる年齢でもないんですが・・・
ホント、個人的な話題ですみません。

今回はいつもと違った志向で記事を書いてみました。
私のブログについて「ちょっとくだけた内容の記事も書いてみては?」とアドバイスを頂く機会があったのです。

アドバイスを頂いた方のブログは、こちらから


 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

重ね重ね御協力をお願いします。

2006年05月19日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

黄色いチラシを持って停電のお願いにお伺いすると、住民の方から
「どんな電気工事なの?」とか、
「どうして停電するの?」と尋ねられるときがあります。


私たちが黄色いチラシを持って停電のお願いに行く場合は、小規模の停電範囲の場合であることを以前お話しました。(詳しくはこちらをクリック)

小規模の停電作業が必要となったきっかけが、住宅の新築・増改築であることが良くあります。
そのような場合、住民の方には、
「近くに家が新築されるので、新しく電線を電柱に取付けることが必要となりました。そのための停電作業です。」とか、
「ご近所で改築されている家があります。そちらの電気設備変更の関係で電線を太いものに取り替えることとなりました。そのための停電作業です。」
と御説明しています。(上記は例です。)

御説明すると、
「あの新築の家の工事をすると、うちも停電するの?」とか、
「うちは関係ないのにどうして停電するの?」
との声をお聞きすることがあります。
苦情の声ではありません。疑問の声です。

自分の家は全く電気設備の工事をしていないのに、私たちから停電を依頼されると、不思議に感じる方がいるのも無理はありません。

これは、みなさんのお宅へ電気を供給している仕組みに関係しているのです。

御存知とは思いますが、配電線用の電柱からみなさんのお宅へ電気が供給されています。
その電源は電柱に取付けてある柱上変圧器です。トランスとも言います。
柱上変圧器については後日、詳しくお話します。

住宅地ですと、柱上変圧器は電柱2〜3本おきに1本の割合で取付けてあります。その柱上変圧器がみなさんのお宅へ電気を供給する電源となっているのです。
1台の柱上変圧器で数件〜十数件の住宅へ電気を供給しています。

電線の取替えを例に挙げましたが、柱上変圧器から出力される電気を止めないと工事できない作業がいくつかあります。
そのため、該当する柱上変圧器が電力を供給している全ての住宅へ停電をお願いすることになるのです。

このような事情を御理解頂き、停電作業に御協力下さい。


 
Comment(4) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

停電の御案内がハガキで届くこともあります。

2006年05月17日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回は停電のお知らせとお願いの目的で私たちが配布するチラシについてお話しました。

実はチラシにも記載されているのですが、このチラシは比較的小規模の停電作業を御案内する場合に使用されます。
住宅件数で言えば、20件程度までです。

広範囲にわたる大規模の停電の場合は、チラシではなく、ハガキが北陸電力よりみなさんのお宅へ郵送されます。
こちらのハガキも見落としが無い様、お願い致します。

以前もお話しましたが、安全面上、どうしても停電しないと、できない作業があるのです。

私たちも停電作業中は、少しでも早くみなさんに送電できるように心がけて作業しています。

どうか御理解の上、作業停電に御協力下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

怪しいチラシではありません。

2006年05月16日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

みなさんのお住まいにある郵便ポストには、毎日様々なものが届くと思います。

勿論、郵便であったり、新聞であったりいろいろありますね。
チラシが投函されていることも多いと思います。
みなさんが一日の仕事を終えて帰宅すると、郵便ポストからあふれんばかりのチラシがみなさんを待っている日もあると思います。

「疲れてるのに、こんな大量のチラシを見てる時間無い!全部ゴミ!」と思われる時もあるでしょう。

でも、ちょっと待ってください。大切なチラシもあるはずです。


左の写真のような黄色いチラシを見たことはないでしょうか?
(すみません。このチラシ、両面印刷なのでスキャナーで取り込むと若干、裏写りしてしまいました。)

これは、石川県内の電気工事(配電線工事)業者が、停電をお願いする際にみなさんに配布するチラシです。

私たちは通常、みなさんのお宅へ直接お伺いして、停電のお願いと御案内をさせて頂いてます。そしてこのチラシをお渡ししています。

しかし、留守のお宅も多いです。

その場合は止むを得ないので、郵便ポストに投函させて頂いてます。

突然の停電は、みなさんにとってとても困ることと思います。
そこで事前にこのチラシを配布し、御理解と御協力をお願いしています。

毎日、お仕事で疲れているのは十分承知なのですが、このような重要なことをお知らせするチラシもポストに入っていることがあります。
どうか、チラシの束をゴミ箱に捨てる前に、ちょっと目を通してみて下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私たちの命を守る道具〜柱上安全帯〜その3

2006年05月15日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

藤井電工さんの柱上安全帯は様々な安全対策が施されています。
墜落を防ぐ仕組みが所々に見られます。


今日はその点について、私の使用している柱上安全帯の写真をお見せしながら、お話しようと思います。


フックの拡大写真です。このフックは本フック、補助フック共に定められた操作をしないと外れないような仕掛けになっています。
自然に外れることはありません。




これはロープの長さを調節する機能部です。
私たちが作業中に後ろ体重をかけた場合、どのような長さの場合でもロープがピンと張ってずれないように工夫されています。





安全帯と胴ベルトを接続する部分です。
これも定められた操作をしないと外れないような仕掛けになっています。





ロープとフック部の接続部分です。
フックからロープが抜けないようにロープを編んで、なおかつ樹脂でカバーすることによって、摩擦による破損を防いでいます。




構成素材は、より軽い金属を使用することで近年、軽量化が進んでいます。
長時間装着していても疲れないように配慮されている訳です。

ここで、ちょっとこぼれ話です。
安全帯のロープは電柱との摩擦による磨耗が避けられません。
使用者は定期的に磨耗度を点検し、必要であれば交換します。

このロープは3本よりなんですが、実は私、点検を怠っていた時期がありまして、3本の内2本が切れて残り1本になっているのに気付かず使用していたことがありました。

それでも、柱上から墜落することなく、作業していました。

地上に降りた後、気付いてびっくりしましたが、ここまで安全性を考慮して設計されているとは知りませんでしたし、感心しました。

藤井電工さん、ありがとうございます。助けられました。

また、道具の点検を怠っていたことも反省すべきことでした。
道具の手入れ、点検をしないなんて職人として失格ですね。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私たちの命を守る道具〜柱上安全帯〜その2

2006年05月12日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回に続いて柱上安全帯のお話です。

私たちが使用している安全帯は藤井電工株式会社さんのツヨライトE柱上安全帯という製品です。
藤井電工さんの製品にはいつもお世話になってます。


写真は藤井電工さんのホームページに掲載されているものです。
この安全帯は、製品種類で分けた場合、「胴ベルト型安全帯1本つり・U字つり兼用(補助フック付)(柱上安全帯)」とされています。
私たちは通常、「補助フック付柱上安全帯」と呼んでいます。

この安全帯は、ロープの両端にフックが取り付けてあります。

1つは本フックで、この本フックの付いたロープを電柱にぐるりと1周させ、胴ベルトに付いているD環と呼ばれるフックを引っ掛ける金具にカチャン、と掛けて使用します。

もう1つのフックは、補助フックと呼ばれています。
フック付近のロープの色が緑色になっている方です。
電柱に上がる途中、電線等が邪魔でどうしても本フックをD環より一旦外さなければならない時があります。
そのような場合に補助フックを電柱に(主に足場ボルトに)掛けるのです。

補助フックと本フックを併用することで、常にどちらかのフックが電柱に掛かっていることなり、墜落を阻止しするように設計されています。
また、作業中も補助フックを掛けておくことによって、万が一、ロープが切れた場合も墜落を阻止できるようになっています。
(5月10日記事の写真も合わせてご覧下さい。)

白山市内を初め、石川県内の配電線工事従事者の殆んどが藤井電工さんの柱上安全帯を使用しています。

柱上安全帯に興味のある方は、藤井電工さんのホームページもご覧下さい。
藤井電工株式会社さんのホームページはこちらから

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私たちの命を守る道具〜柱上安全帯〜

2006年05月10日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

みなさん左の写真に映っているものは何でしょう。
これは、”柱上安全帯”といって電柱に上がって作業するときに使用するものです。
柱上安全帯を使用する目的は2つあります。
1つは勿論、柱上からの墜落防止です。
もう1つは、作業姿勢をとるためです。
写真中の安全帯は私が普段、実際に使用しているものです。


実際に柱上安全帯を使用しての作業風景が右の写真になります。
この写真をご覧になれば、この安全帯が墜落防止に役立っていることが一目瞭然ですね。

しかし、「作業姿勢をとるために使用する」とは何でしょう。

右の写真をクリックし、拡大して見てください。
安全帯で電柱を一周しているロープ部はピンとまっすぐに張っていることが分かります。
これは、体重を自分の後方に掛けているからですね。

膝を曲げずに脚をまっすぐに伸ばし、体重を安全帯を装着している腰部分の後方にかけて安全帯をまっすぐ張った状態にします。

”電柱”と”安全帯”と”自分の足”によるきれいな三角形を作ることで初めて、作業しやすい姿勢がとれるのです。

生まれて初めて電柱に上がるとこの”三角形”を作ることができません。
以前にも書いたことがありますが、全ての人が”電柱にダッコちゃん状態”になります。
自分の後方に体重をかけてることができません。
安全帯に体重をあずけるのが怖いのです。
自分の体が電柱から離れることが怖いのです。

まあ、慣れれば柱上で”イナバウアー”もできるようになります。
体が柔らかければの話ですが・・・

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

社員が1名、増えました。

2006年05月08日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

本日、安井電気工事株式会社に新しい社員を1名、迎えることができました。
ずっと求人を出していましたが、なかなか希望者に巡り会うことができない状態が続いていましたので、本当によかったと思っています。


彼は、諸事情ありまして以前、勤めていた会社を退社されたそうですが、外線工事経験者であり、「やっぱりもう一度、外線工事がやりたい。」とのことで、縁ありまして安井電気工事で働くこととなりました。

「外線工事がしたい。自分に向いている職業だ。」
と、感じて頂けることはとてもうれしいことです


外で作業するような職業はどうしても嫌われる時代ですからね。

私は、外で作業するこの職業が好きです。

天候の悪い日はちょっと滅入りますが、晴れた日、太陽の下で仕事することは言葉で表現できないくらい気持ち良いものです。
ある社員は、「四季の移り変わりを体感できて良い。」とも言ってくれました。
ありがたいことです。

実は私、この職に就く前はオフィス内でずっとデスクワークをするような仕事をしていました。
その頃は、とても顔色が悪かったです。

今は年中、健康的な顔色で生活しています。みなさんよりも日焼けしている期間が長いですからね。

みなさんの中でも、外線工事に興味がある、また、やってみたいという方がおられたら、遠慮なく私に声を掛けてください。

社員募集は現在、継続して行っています。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「電気屋けんちゃん」が見たかった

2006年05月06日
こんにちは。安井電気の安井健一です。

ゴールデンウイーク中ということで、今日も仕事からちょっと離れた話題です。

30年くらい昔、TBSドラマで「けんちゃんシリーズ」ってありましたよね。「おもちゃ屋けんちゃん」とか「ケーキ屋けんちゃん」とか色々ありました。
その頃、小学生だった私は、結構熱心に毎週欠かさず見ていました。

でも、いつも心の片隅にちょっと期待していたことがありました。

「このシリーズが終わったら、次のシリーズは”でんき屋けんちゃん”にならないかなあ。」と。

このシリーズは他にも「おそば屋」、「カレー屋」などが舞台となり何年か放映が続きましたが、結局「でんき屋けんちゃん」に出会うことなく、シリーズは終了してしまいました。
ちょっとがっかりでしたけど、当然のことだ、と当時は小学生なりに納得していました。だって、もし「でんき屋けんちゃん」があったとしても「家電製品販売屋」でしょうからね。

けんちゃんの家に建柱車とか高所作業車がドーンと置かれていて、お父さんが「今日も、元気に電柱建てに行ってくるよ。」なんてドラマ、誰も考えません。

話は突然、変わりますが、
外線工事業界は慢性的な人手不足です。
人材不足と従業員の高齢化に悩んでいる事業主の方も多いと思います。


先程の悲しい(?)思い出と関係あるのか無いのか分からないんですけど、キムタクみないな人気俳優主演で、「電柱ボーイズ」とかいうタイトルのテレビドラマをやって欲しいなあ、と本気で思う時があります。
もちろん、主人公が外線工事会社の社員で、毎日電柱に昇って格好良く仕事をしながら、ストーリーが進んでいくドラマです。
テレビの影響って凄いですから、そんなドラマが放映されたら、外線工事従事者になりたい若者達で世の中、溢れ返るでしょうね。

しかし、100%、そんなドラマは実現しません。

パイロットとか、カリスマ美容師とか、もともと人気ある職業を敢えて避けてやってみてもいいと思うんですけどね・・・



 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

上を向いて歩いている人は・・・

2006年05月03日
こんにちは。安井電気の安井健一です。

ゴールデンウイークの真っ只中ですね。
今日はお休みの方も多いと思います。

ゴールデンウイーク中は仕事からちょっと離れた話題でお話しようと考えています。

ゴールデンウイークに限らず、みなさんは旅行等で、普段住んでいる都道府県の外へ出かける機会があると思います。
私も当然ですが、あります。

県外に出ると気になるんですよ・・・電柱が。

電柱に取付ける金物、碍子、機器などを”装柱物”と言いますが、その装柱物の形状や電柱への取り付け方法が、実は電力会社によって違うんです。
安井電気工事株式会社がある石川県は、北陸電力の管轄でありますが、同じ北陸電力管轄である富山県や福井県に行っても、装柱物は殆んど同じでも、装柱方法が違っていることがあります。

配電線工事業者の性といいますか、どうしても歩いている時は上ばっかり見てるんです。
気になるんです・・・
電柱が・・・
興味津々なんです。

電柱を見ながら、「こんなのあるんだ!」とか「へー、こんなやり方あるの!」と、一人で叫んでます。

これは家族で出かけた時等、外線業者が私一人しかいない場合ですが、同業者や社員のみなさんと集団で県外に出かけたときは、はたから見るとすごく滑稽な集団に見えるでしょう。

集団の全員が上を見ながら「あーでもない。こーでもない。」と電柱を指差して歩くのです。変ですよね。

みなさんも旅行中、キョロキョロ上を見ながら歩いてる人を見かけたら、「あ、あの人は外線工事をやっている人なんだ。」と思ってください。
決して不審な人物を見る目で見ないでくださいね。


 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています