お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

能登半島地震〜私の一日〜その3

2007年03月30日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

25日17:00 七尾の集合場所を出発。
北陸電力さんの高圧発電機車、私たちを含め10社の高所作業車、建柱車、トラックなど
総車輌約30台が輪島市門前町へ向かいました。

能登有料道路は不通。
穴水町を通る内浦ルートも途中道路工事中で渋滞が予想される、との情報で、
私たちは国道249号線を使って門前町へ向かいました。

が、

途中、国道249号線も中浜(?だったと思います)から一部通行止め。
県道49号線を通ることとなりました。
能登金剛、関野鼻を通り、再び国道249号線に入り、門前へ向かうコースです。

おもいっきり外浦ルート・・・震源地にいちばん近い海岸線の道です・・・

道中の路面状態はひどい状態でした。

アスファルトのひび割れ、道路陥没(隆起)、倒壊したブロック塀も道路に転がっています。
ずっと路面状態に気を配りながら運転していました。

がけ崩れ、倒壊した家屋も所々で見られました。

そして20:00、私たちは輪島市門前町に何とか到着しました。
(つづく)

 
Comment(2)

能登半島地震〜私の一日〜その2

2007年03月28日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

25日の正午過ぎに北陸電力より会社へ電話がありました。

「災害普及のため、人員を集め現場へ向かって欲しい。」

正確な被害状況は把握できていない。
しかし、停電状態が発生しているのは事実。
早めに現地に到着し、出動要請があれば即時対応できるように。

そのために被災地で待機するように、という依頼です。

安井電気は3名で集合場所である北陸電力七尾支社へ向かいました。

13:30 会社に集合
14:00 白山市を出発
16:00 北陸電力七尾支社に到着

七尾支社内は、災害対応する北陸電力社員の方たちでごった返していました。
かなり応援の方が来ていたみたいです。

「安井電気さん、ご苦労様。近くに集合場所があるのでそちらへ移動してください。」
北陸電力さんに案内されて能登食祭市場近くの集合場所へ移動しました。

20070328195619.jpg集合場所には北陸三県から配電線業者が集結していました。
北陸電力さんも北陸三県の各支社から応援に来られています。

この日、集まった業者の数は15。
全社が建柱車を持ってきていました。
電柱倒壊があれば、この機動力で対応しようというわけです。

ミーティングでは、
「七尾市内、及びその周辺は地元業者が既に対応している。
現在、輪島市門前町の被害がひどいらしい。
今日、来られた業者さんには門前町に向かい待機をして欲しい。」
とのことでした。

そして15社から私たちを含む10社が選抜され、北陸電力さんと共に輪島市門前町へ向かうこととなりました。
(つづく)





 
Comment(2)

能登半島地震〜私の一日〜その1

2007年03月25日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

ご存知の通り、能登地方で震度6強を記録した強い地震がありました。
被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

地震発生時、私は寝室にいました。休日よくある「2度寝」をしてたのです。
しかしながら、何故かしら発生10秒ほど前に目を覚ましていました。

「え!地震?夢?いや夢じゃない現実だ。でかいぞ。長いぞ。」

生まれて40年近く経ちますが、こんなに大きな揺れを感じたのは初めてです。
ベットの上でうつ伏せのまま、大きな振動が続く時間を過ごしました。

揺れも収まり一安心。家に異常なし。

「あ!妻と子ども2人は子ども会の行事で集会場に居る!大丈夫?」
車を運転し集会場に向かいました。
顔を合わせるのはちょっと恥かしかったので、運転席から集会場の様子を覗いてみました。
「何事も無かったように、子どもたちが遊んでいる・・・取り越し苦労?」

「あ!もう一箇所行かなければならないとこがある!」

白山市湊町へ車を走らせました。
車輌接触事故で電柱が折れ、現在、仮支持処置をしてある現場です。
現場に到着。
異常なし。良かった。
電柱そばにお住まいの方に異常のないことを伝えた後に帰宅。

テレビでニュースを見ました。
「震源地は能登半島沖か!停電と断水もかなりあるみたい。家屋倒壊もある。心配だな・・・」
とテレビに釘付けになっていると電話が・・・

北陸電力より出動要請です。

被災地へ行き、事故復旧作業をして欲しいのこと。
社長は、作業員へ電話連絡し人員確保。
私は、出動の準備です。

そして、私を含め作業員3名で被災地へ向かうこととなりました。
(つづく)


 

今日はみなさんお休み?

2007年03月21日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日は、春分の日。
国民の祝日で、本来であれば会社も休みなのですが、弊社は営業しております。
金沢市内で高圧停電作業を行いました。

配電線の工事範囲に工場などの休日以外は停電できない供給先があった場合、
休日に作業を行うことがあります。

安井電気工事は国民の祝日に加え、隔週週休二日制(第2・4土曜日、毎日曜日)をとっておりますが、
このような事情で休日出勤での作業を行うことがあります。

20070322092043.jpg

話は変わりますが、
本ブログ、「電気工事屋のブログ」なのに工事風景の写真が少ないなと感じました。

今日は記事とは直接関係ありませんが、工事風景の写真を載せます。

写真は
「高所作業車による引込線(空中分岐型)新設工事です。


 

パソコンの調子悪し〜つづき〜

2007年03月19日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

私の愛用デスクトップPC、依然として仮復旧のままです・・・
日曜日の昨日も、あーでもない、こーでもないと復旧に時間を費やしてしまいました。
虚しい・・・

ところで、今回のトラブルで感じたことがあります。

windowsXPになってからあらゆる面でシステム管理が楽になりました。
知らないうちに更新ファイルをダウンロードしてインストールしてくれたり、
新しいハードウエアを追加しても「XP君」が主人の私に手を掛けず、ちゃんちゃんと使用準備をしてくれます。
インターネットもケーブルを差すだけで接続可能にしてくれたり、「XP君」は働き者です。

初めて「XP君」の入ったPCを使用した時は感動しました。「何ておりこうさんなんだ!」

しかしながら、おりこうで働き者の「XP君」にも限界があったみたいです。
主人に長年、無茶な使い方をされ「もう限界!」と悲鳴を上げたような気がします。
「面倒なことは全部XP君がやってくれる」と、自分でメンテナンスすることに無関心でした。

XP君、つらかったんですね。
フォローしとけば良かった・・・
「最近疲れて無いか?」と言ってシステムの調整をしたり、「何か不満は無いか?」と言ってシステムのバックアップをとったりすれば、こんなことにならなかったかもしれません。

人間関係と同じだ〜。

これからは、XP君にも思いやりを持って接しようと感じました。
あ・・・PCに話しかけるのは、たとえ話です。
私はPCに話しかけるほど個性的な人間ではありません。

 
Comment(3)

パソコンの調子悪し・・・ピンチ!

2007年03月17日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今週の後半あたりから、いつも使用している私のデスクトップPCが不調です。

悲劇(大げさ?)は突然やってきました。
いつも通りスイッチを入れ、起動を待っていると「ウイルス対策ソフトが強制終了しました。」とのメッセージが・・・

それは単なる始まりに過ぎませんでした。

次にメールソフトより「送受信できません!」のメッセージが・・・
あれこれ対策(自分では対策のつもり)しているうちに
今度はofficeソフトが起動しなくなる始末・・・

「・・・はまった・・・(T_T)」

とりあえず、ウイルス対策ソフトをアンイストールし、OSのシステム復元機能を利用してある程度は動くようになりましたが、まだ「仮復旧」の状態です。

あ〜、弱っちゃった・・・パソコン調子悪いと仕事もできない・・・
しかも復旧作業に時間がとられ、本業もままなりません。

調子が悪くなるのは初めてでありません。今までも何度かありました。
しかし、「何かをインストールした直後」とか原因に心当たりがあったので、何とか短時間で復旧してきました。

今回はスイッチONして「強制終了です!」と言われたので厄介です。
心当たりが無いので、さっぱり原因がつかめません。

俺、何にもしてないよ〜(ToT)
今回は完全復旧まで時間がかかりそうだ・・・




 

電柱の存在感は人それぞれ

2007年03月13日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今月に入り「電柱」をキーワードで検索の結果、私のブログに訪問される方が増えています。
電柱の話題は、私のブログの主な構成要素のひとつです。
それをキーワードにアクセスしてくださる方が増えてうれしいです。

私もちょっと「電柱」をキーワードに検索してみました。
あれ・・・私のブログが検索結果に出てこないぞ・・・
そんなことはさておき、検索の結果、意外な事を発見しました。

「電柱邪魔だ!」
「全部地中化しろ!」・・・これらの記事は予想通りでしたが、

全く電柱に関わりのない仕事をしている方の中にも電柱に興味を持っていらっしゃる方がおられます。

20070314183109.jpg「電柱のたたずまいが好き」とか
「(アーム等の装柱物を含め)こんな格好の電柱が好き」とブログやHPを運営している方がおられます。
写真をこまめに撮ってアップしている方もおられました。

私のような電気工事従事者や通信線工事従事者が電柱に興味を持つことは自然ですが、そうでない方の中にも電柱に興味を持っている方がおられて驚きました。

私にとって電柱は「仕事場」でもありますが、仕事を離れても「設備不良は無いか」とか「今度自分たちが作業する際の参考にしよう」とか知らず知らずのうちに電柱を見つめているような気がします。


職業病のように電柱を見つめるようになった私、
電柱には全く無関心な人、
好きじゃない人、
仕事とは関係ないけど好きな人、
いろんな方がおられます。

本当に人それぞれですね。

電柱が好きな人達は、私のような毎日電柱に上がって仕事している人間をどのように思ってらっしゃるのでしょうか?
聞いてみたいなあ・・・


 
Comment(4)

内線施工業者のみなさまへお願い(引込線受点強度について)

2007年03月09日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

本日はタイトル通り、
引込線受点の強度について内線施工業者のみなさまへお願いです。

昨今、オール電化住宅の増加に伴い引込線の太線化が進んでいます。
DV線では一昔前まで3.2、14°が主流であった引込線も
現在は22°、38°が主流となっています。
アパート等の集合住宅ではOW60°、OC−W80°を取付けることも珍しくありません。

そのような流れの中、実際に引込線工事で現場へ行きますと
ポール、建物直付けを問わず、取付ける引込線に対して受点の強度不足が見られる場合があります。

受点の強度が不足している場合、引込線の張力により受点破損を起こしかねないことはもちろんですが、
地上高が確保できない原因となる場合もあります。

受点強度不足は特に
既築住宅が、容量変更した場合の引込DV線の張替現場で見られます。

CA350004_1.jpg
ここで改めて内線施工業者のみなさんへ
引込線業者である私たちからのお願いです。

・新設(張替)する引込線の張力に対して現状の受点強度が十分であるか?
・既設受点が老朽化等の原因で工事当初の強度を下回っていないか?

お手数ですが、引込線業者の施工前にご確認下さい。
よろしくお願いします。
(写真は強度が十分である受点です)

 

積雪あり!着雪注意!

2007年03月07日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

本日、石川県白山市では久し振りに積雪がありました。

いや〜正直、こんなに降るとは思いませんでした。
朝は「ちらつく程度かな。」と思っていましたが、積もっちゃいました。
会社前だと、5〜10cm積もっています。
毎年、3月始めに降雪するのは通例ですが、超がつくほど暖冬の今年、この時期こんなに降るとは想像しませんでした。

私のブログ仲間がブログで写真をアップしています。降雪状況はこちらをご覧下さい。
北本運輸さんのブログはこちらをクリック
フクナガプレスさんのブログはこちらをクリック

降雪時、雪が電柱や装柱物に着く(着雪する)ことがあります。
北陸の雪は水分を多く含んでいるので他の地方よりも着雪しやすいかもしれません。

着雪すると仕事がやりづらいです。
上がりにくいし。足場も不安全だし。
寒い上にこうなると作業効率がかなり落ちます。

また、着雪した状態で夜に気温が氷点下までいくと、雪はそのまま凍ってしまいます。
翌朝、電柱が雪でコーティングされたような状態になります。
(電柱全部ではありません。あくまでも部分部分です。)

明日も今日のような天候が続くようです。
着雪に注意して電柱の上り下り、電柱上での作業をしたいと思います。

 
Comment(1)

配電線工事におけるチームワークとは?

2007年03月05日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

配電線工事において停電作業におけるチームワークが特に重要であることを以前お話しました。
(詳細はこちらをクリック)

今日はその件についてもう少しお話しようと思います。

作業停電。事前に案内した停電時間内で作業を完了しなければなりません。
そのために必要なことは次の2つです。

1.各電柱での連係プレー
2人以上で1本の電柱に上がり作業することがあります。
その際、作業員の連係プレーが無いと効率よく作業が進みません。
例えば、(あまりよい例えができませんが・・・)
AさんとBさんで1つの電柱に上がり作業する場合、
Aさんが終わらないとBさんができない工程、またはその逆、更にAさんとBさんが協力しないとできない工程があります。
様々な工程を時間内で完了できるように順序良く組み合わせて作業を進めていかなければなりません。

2.電柱間の連係プレー
電線の取替え等、複数の電柱にまたがる工事は、電柱間の連係プレーも必要となります。
電柱Aと電柱Bで作業している場合、電柱Aでの工程が終わらないと電柱Bで取り掛かれない工程があります。
電柱Aの作業がどれだけ早く終了しても、電柱Bとの関連性を無視した作業の組立てでは意味がありません。
電柱A、電柱B双方の作業が完了して初めて送電できるのです。

自分自身の工程を素早くこなす、同じ電柱にいる作業員との連係プレーで担当の電柱作業を早く終了させる、周りの電柱との関連ある工程は優先して終了させる。
このような心がけが必要です。


 

【石川県電気工事工業組合青年部】主催の講演会に参加

2007年03月02日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日は、石川県電気工事工業組合青年部主催の講演会に参加してきました。

石川県電気工事工業組合青年部では、年に数回、青年部員のスキルアップを目的とした講演会を開催しています。

今回のテーマは、
「会社法、税制改正!〜事業主が押えておきたいポイント〜」
です。
(ちなみに私は事業主ではありません。)

講師は、北村労務会計事務所 税務部 部長の税理士・越田 学さんです。
(北村労務会計事務所さんのHPはこちらをクリック!)

「・・・会社法!・・・税制!・・・う〜ん、思いっきり苦手分野。
でも、せっかく参加したのだから、何か一つでも得よう!」
と講演を聞きました。

講演では、
事業主、またはこれから事業主となる人、同族会社の役員である人が殆んどを占める組合青年部員を対象に新会社法と税制改正に対して重要事項の説明とその対応方法を説明していただきました。
(あ、講演内容を具体的にちゃんと説明できないのは、あまり理解していない証拠?)
・・・しかし、私なりに一つ気づきを得てきました。

それは・・・

弊社の定款を見直さなければならない!

新会社法に適合するように改正することも必要ですが、時代に即した形に改正することも必要です。
だって、会社に帰って社長に聞いたら「定款は創業時のまま」って、50年以上改正無し、ということです。

改正しないと!

・・・何から始めればいいの?

 
Comment(1)

電気工事士定期講習に参加

2007年03月01日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日は、第一種電気工事士の定期講習に参加してきました。

現在の電気工事士法では
「第一種電気工事士の資格を有する者は、5年毎に定期講習を受けること」となっております。

日々進化する技術、改正される法令に有資格者が対応できるよう、最新の情報と知識を提供することが、この講習会の目的です。
この講習会は、独立行政法人 製品評価技術基盤機構により運営されています。

講習は1日で終了します。今回は110名程の方が出席しておりました。

主な講習内容は、以下の通りです。

1.最近の電気設備・機器、さらに施工技術の紹介

2.具体的事例に基づく作業安全性確保と事故防止策の紹介

3.関係法令改正の紹介

20070302155923.jpg 
講習会ではテキストを使用し、担当講師からの説明を受けます。







20070302160031.jpg 
 中身はこんな感じです。

 A4版で全300ページあります。

 ・・・300ページ・・・



20070302160301.jpg
 講習も終了し、無事資格を更新することができました。

 今日の講習で得た情報と知識を基に「よい仕事」ができるように励みます。

 あ、顔写真は更新してありません。5年前のままです。あしからず・・・
 

 
Comment(3)