お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

避雷針(外部避雷)について

2007年09月28日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

メタボ王子さん、コメントありがとうございます。
メタボ王子さんのような企業経営者にとって雷被害は死活問題だと思います。

残念ながら先日の講義で講師の方がおっしゃってました。
「現在の技術では100%雷被害を防ぐ方法は無い。」

しかし、こうもおっしゃってました。
「避雷設備を適切に取付けることで、かなり高い確率で雷害を防ぐことができる。」

その避雷設備は、外部避雷と内部避雷に分類されます。

外部避雷で真っ先に思いつくのは、避雷針です。

この避雷針に代表される外部避雷設備は、
「建築物への落雷による破損、火災の防止」が設置目的です。

外部避雷設備も重要なのですが、メタボ王子さんが気になっているのは内部避雷設備の方だと思います。

避雷針を設置し、雷から建物が守られたとしても、
雷の破壊的エネルギーはいろんな所からやって来ます。

建物に直撃せず、付近に落雷したとしても、
電線や
通信線や
地面を通って建物内の電気機器に雷のエネルギーが届くと機器の破損につながります。

それを防ぐのが、内部避雷設備です。

次回は内部避雷設備についてお話します。


 
Comment(1)

知らなかったのは俺だけ?北陸の雷の特色

2007年09月20日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

講義によると、どうも北陸に落ちる雷はやっかいなヤツみたいです。

雷は発生時期で夏季雷と冬季雷に2分されるそうですが、
冬に良く雷が発生するのは全国的に見ても北陸(日本海側)だけみたいです。

その冬季雷がやっかいなヤツ。夏季雷と比較すると、

1.夏季雷に比べエネルギーがかなり大きい
2.夏季雷は一つの雷が複数回に分かれて落雷するのに対し、冬季雷は一度に落雷する。
3.夏季雷は山岳地中心に発生するが、冬季雷は海岸線から約30Km以内で発生する。

つまり、

私たちの住んでいる地域にエネルギーのでかいヤツがドーンと一発で落ちる

のが冬季雷です。しかも発生は、日本海側(特に北陸)限定。

北陸に住んでいる方は、他の地方の方よりも雷の被害を多く受けているかもしれません。
詳しくは北陸電力さんのHPをご覧下さい。

雷によって停電するのも困りますが、電気設備が壊れるのはもっと困りものです。
企業によっては甚大な損害を被る場合もあると思います。

何とか防ぎたい雷の被害・・・一体どうすれば良いのでしょう?
次回は雷対策についてお話します。

 
Comment(2)

電気設備保全セミナーに参加

2007年09月14日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

DSCF3211.JPG「電気設備保全セミナー」に参加してきました。

主催は、社団法人 日本電気協会 北陸電気協会
協賛は、電気安全北陸委員会 です。

開催時間は 13:00〜17:00の4時間でしたが、4時間みっちりの内容でした。

以下に講義内容と講師名(敬称略)を記します。

機ニ摸Δ陵詁胆と被害        北陸電力衢襯札鵐拭悉蠶后/珪院^賤
供ス癲δ祕祇瀏の雷被害と対策   北陸電力衢襯札鵐拭次_歡溝緲 杉本 仁志
掘ソ峪電圧低下による被害と対策 北陸電力衢襯札鵐拭次_歡后ゞ眸 則一
検ヌ議篥鼎嚢圓Τ銅鐃巴乃蚕僉  ㈶北陸電気保安協会 技術センター課長 谷 誠

DSCF3210.JPG
今回のセミナーでは、多くの新しい知識を得ることができました。講師のみなさん、ありがとうございました。

次回の記事では、セミナーで得ることができた知識をみなさんに少し紹介しようと思います。

 

パンザーマスト到着!

2007年09月06日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

以前、私のブログで紹介したパンザーマストが会社に届けられました。
詳しくはこちらをクリック

20070906194906.jpg
今回は、北陸電力の工事ではなく、ある企業の工場内で使用します。

建柱車が進入出来ない場所なので、パンザーマストを使用するのです。写真には、2基のパンザーマストが写っています


20070906195141.jpg
一番外側にあるのが最底部の部材です。
最底部の中に他の部材が入っています。
全部材とも同じ長さですが、少しずつ細くなっています。
最底部のみ防食塗料が塗ってあるので、黒いです。
他の部材は黒くありません。

今回のパンザーマストは8段構成です。

最底部の一部を地中に埋め、その上から部材を順番に継ぎ足し、柱状に組み立てていきます。

 
Comment(2)