お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

ストラップを作ってみよう!

2007年10月27日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

私、家電量販店内をぶらぶらするのが好きです。
見るのは主にAV機器、PC関連製品です。
話題の製品に触れたり、「こんなものまで売ってる!」の新製品を発見するのが楽しみです。

01_1.jpg
そして今回「おおっ!これは!」と目を引かれたのが、
サンワサプライさんの「手作りストラップキット・長方形」です。
(商品の詳細はサンワサプライさんのHPをご覧下さい。)

標準価格は1,449円らしいのですが、私が購入したお店では980円で売ってました。わくわくしながら購入。

家に帰って早速ストラップを作ってみることにしました。
その過程を紹介します。




02.jpgパッケージを開けると、
中にはストラップパーツ4組とケースに入れる印刷用紙が1枚入っています。

印刷用紙は光沢紙タイプなので写真を印刷してもOK。

「どんなストラップにしようかなー」ドキドキします。


03_2.jpgデザインをwordで作成。
1枚のシートに8つのデザインシートを印刷できます。
1つのストラップにつき、2つとなりますから、両面仕様のストラップが作成できるのです。
イラストを貼り付け、レイアウトを調整後、印刷。

04.jpg
印刷が完了したら、予め付いているミシン目に沿ってデザインシートを手で切り離します。



05.jpg
切り離し完了。
いよいよストラップの組立てに入ります。
(あ、説明遅れましたが、事情ありましてデザインシートにはモザイクをかけました。)



06.jpg
切り離したデザインシート2枚ををケースの中に入れ・・・

その上からフタをはめ込むと・・・



07.jpg

オリジナルストラップのできあがり!!

うーん・・・いい感じ・・・

調子にのって残りの3個もどんどん組み立てます。


08.jpgと、いう訳で4個のオリジナルストラップが完成です。

印刷さえしてしまえば、組立て簡単!ですね
個人的には「さすが、サンワサプライさん!」のヒット商品だと思います。

今回は長方形ストラップでしたが、サンワサプライさんからは他のタイプのストラップキットをはじめ、様々な手作りキットが販売されています。
是非一度、サンワサプライさんのHPをご覧下さい。

 
Comment(1)

東明まつりに参加〜その2〜

2007年10月18日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回の記事に対しコメントを頂きました。ありがとうございます。

20071021160812.jpgしんさま

今回はお声を掛けて頂き、ありがとうございました。
仕事では何気なく使用している高所作業車ですが、子どもたちと一緒に乗ってみると新鮮な感じも伴い、楽しいですね。

「たか〜い、すげぇ!」、「海が見える〜!」と子どもたちの歓声を聞くと、こちらも嬉しくなります。

私の都合で予定よりも短い運営時間だったせいもありますが、行列が絶えませんでしたね〜。
15〜20分待ちだったでしょうか?

せっかくの機会ですから、ゆっくり楽しんで欲しかったんですけど、あの行列を見た瞬間「1回あたりの時間を短くしないと、みんな乗れない!」と結構あせってました。
本当に盛況でうれしかったです。また機会がありましたら呼んでください。

洋服屋さん

私、これまで数回、このような「子供向け高所作業車体験」をやってみましたが、高所作業車に乗ることが子どもたちにとって、こんなに楽しいプチ・イベントであるとは知りませんでした。
私で役立つ機会がありましたら、是非呼んでください。

 
Comment(3)

東明まつりに参加〜その1〜

2007年10月13日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

白山市立東明小学校で開催された「東明まつり」に参加してきました。

「高所作業車体験コーナー」のオペレーターとしての参加です

20071016191604.jpg現在、私の長男が東明小学校にお世話になっています。
今回、PTA役員の方からお誘いがあり、高所作業車と共に参加する運びとなりました。

15mの高所作業車のバケットにお子さんを乗せ、一緒に最高度まで上がり降りてくる、というプチ・イベントです。

この日は他にも「ミニSL」「お菓子作り」などで多くの方々が私同様に各コーナーを担当し、子どもたちと楽しい時間を過ごしました。皆様、お疲れ様でした。


運営に携わったPTAメンバーや先生方も本当にお疲れ様でした。
機会があれば、また声を掛けてください。喜んで参加させていただきます。

 
Comment(2)

内部避雷と避雷器

2007年10月06日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日は「内部避雷設備」についてお話します。

今回は図を用いないと説明することが出来ません。
そこで、北陸電力さんのHPに掲載されている図を使って説明させていただきます。

まず、北陸電力さんの「一般住宅向け雷対策」のページ(こちらをクリック)
「ビル工場向け雷対策」のページ(こちらをクリック)をご覧下さい。

ページ中「一般住宅向け」とは低圧受電、「ビル工場向け」とは高圧受電の建物を指します。

どちらの図でも共通している点は、以下の通りです。
1.内部避雷設備として「耐雷機材(避雷器)」を使用している。
2.避雷器を各回路の電源側に設置している。
3.接地線を共通化(1点接地)している。

これらによって避雷効果の向上をねらっています。
紹介したページには各機器の説明もありますので、興味のある方は一度、お読み下さい。

また、北陸電力さんでは雷対策に関する相談も受け付けています。
(詳細はこちらのページを参照)
雷の被害で困ってらっしゃる方は一度、相談してみるのも良いですね。

 
Comment(3)