お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

百万石通り街路灯清掃

2008年05月31日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

(今日は、DV線取替の話題をちょっと休んで・・・)
今日は、毎年恒例の百万石通り街路灯清掃の日です。

「百万石通り街路灯清掃」は毎年、石川県電気工事工業組合金沢本部青年部が行っているボランティア活動の一つです。
(詳細は、こちらこちらをクリック)

20080602181445.jpg
今年も例年通り、5時集合。
今回は約40名の青年部員が参加しました。

天気はちょっと雨模様・・・個人的には初の雨天作業です。

PRと一般車両への注意喚起を兼ねた垂れ幕を配置。
高所作業車7台による清掃作業を開始します。



20080602181903.jpg
青年部員の意気込み(?)に天も味方し、作業開始直前に雨が止みました。

交替で高所作業車に乗り、どんどん作業を進めます。
晴れていると雨合羽を着なくてすむので、作業もてきぱきと進んで良いですね。

午前6時半頃、作業完了です。

参加された青年部員の皆さん、お疲れ様でした。

 
Comment(1)

引込線(DV線)の取替〜取替対象となるのはどれ?〜

2008年05月24日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回の記事の続きです。

今回の取替(張替)作業で対象となるのは、
「絶縁被覆が著しく劣化した細いDV線」です。


20080525181642.jpg
具体的には、
「敷設からおよそ20年以上経過したもの」で、
「電線のサイズが2.6または3.2のDV線」を目視点検し、絶縁被覆の劣化が著しい場合、
取替(張替)します。
(DV線サイズの説明についてはこちらをクリック)



DV線はその構造上、絶縁被覆が劣化している場合、早めに取り替える必要があります。
次回はその理由をお話します。

 


 

引込線(DV線)取替に伴う停電へのご協力願い

2008年05月17日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

現在、北陸電力委託工事で

引込線(DV線で取付後、年数の経ったものの一部)の取換作業を行っています。

引込線とは、電柱から一般住宅へ電力を供給している電線のことです。
詳細はこちらをクリックしてください。

20080518173856.jpg
本作業は、←の用紙で該当するお客様へ取替のご案内をしています。

チラシにも記載してありますが、

古い線と新しい線の接続替え時に若干の停電が必要となります(10分〜30分)。

ご迷惑をおかけしますが、作業へのご理解とご協力をお願い致します。


「何で取替えるの?」
「白山市内の全住宅対象なの?」
このような疑問を抱かれる方もいらっしゃると思います。

これから私のブログで本作業について説明していきますので、よろしくお願いします。


 

人生最初で最後の体験?

2008年05月10日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

GW中のある夜、会社へ電話がありました。

「漏電ブレーカーが落ちて、上げてもすぐ落ちる。見に来て欲しい。」

一般住宅での停電です(弊社ではこの類の電話は少ないですが・・・)。
早速、お宅へ訪問しブレーカーを操作してみましたが、確かに上がりません。

「おかしいなぁ・・・」分電盤のフタを開けてみました。

すると、


そこには、


小動物の白骨化した死骸が・・・


「ネ・ズ・ミのホ・ネ?!」


そして絶縁被覆のはがれた内部配線を発見。

想像するに、
・分電盤の中にネズミが侵入
 ↓
・ネズミが中の電線の被覆をガリガリ
 ↓
・ガリガリしている途中で感電死
 ↓
・死んだネズミは時間が経ち、白骨化
 ↓
・何らかのきっかけで被覆のはがれた電線同士が短絡し、ブレーカーが作動

となったようです。

分電盤内部の配線を交換して復電しましたが、

分電盤にネズミが侵入し、しかも白骨化してたとは・・・
私も家主さんもビックリ。

一生に一度(であって欲しい)ビックリ体験でした。

 

休日もいろいろ・・・

2008年05月04日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

GWでお休みの方も多いとは思いますが、サービス業等に携わる方は本日もお仕事かもしれません。お疲れ様です。

弊社もカレンダー通りの休日とはなりません。
工場など休業中でしか停電できない現場もありますので、GW中も仕事があります。
今年のGWは4/27と5/3が出勤となりました。

結婚して子供が生まれるまでは、休日なんてあまり気にしてなかったのですが、
子供たちも大きくなり保育園・小学校に通うようになると・・・
子供たちが休みの日は、親として一緒に過ごしたい気持ちが強くなりました。
(10年後はどうだか分りませんが・・・自分が一緒にいたくても拒否される?
ちなみに現在、子供は4歳と7歳です。)

そんな訳で、子供と一緒に過ごせる時間が多い人たちをちょっとうらやましく感じます。

私は、なんだかんだで普段は、週イチの休日。
これが平均なのかどうか分りませんが、休日だけとっても人それぞれのこの世の中・・・

完全週休2日制の方もいれば、先に述べたサービス業等に従事される方は、子供と一緒に過ごす時間を持つことにも一苦労。

子供たちと過ごすことだけ考えても、様々なライフスタイル(大げさ?)があると思います。
子供たちは、連休明けにクラスでどんな会話をするのでしょうか?
「土曜日はパパとママと一緒に○○して、日曜日は××へ行った。」
GWは4連休中に△△へ旅行した。」
こんな会話があるのでしょうか?

ウチは無理だよ〜(T_T)時間的にも経済的にも・・・

限られた時間でも充実していればいいんだ〜!!

 
Comment(5)