お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

配電工事安全技能競技会の見学に

2009年09月30日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。 

配電工事安全技能競技会の見学に行ってきました。
 

09093002_1.jpg本競技会は「工事技能、安全作業、及びお客様対応の習得向上を図る」目的で年1回開催されています。

 開催地は、富山県富山市にある北陸電力蠅気鵑慮修センター。ここは競技会開催に適した設備があるため、例年北陸電力さんからお借りして開催されています。←の写真の通り今年で16回目を迎えます。

 
競技は「外線(配電線)の部」と「引込線の部」に分かれて行われます。

出場するのは、北陸電力管内の富山、石川、福井県から各1チーム(3名)。
今年の石川県代表は外線・珠洲電気工事蠅気鵝引込線・大竹電機蠅気鵑任后 

09093001_1.jpg実際の競技は、与えられた作業課題を制限時間内に完了させる形で行われます。

写真は外線の部の作業風景です。
左から富山、石川、福井各県チームの高所作業車が並び、作業員2名(高所作業車)班長1名(地上)で作業しています。

皆さん日頃現場で磨いた技術を十分に発揮されていました。多くの見学者に囲まれ緊張気味でしたが…  

審査員が各チームの作業を評価・採点し各部門の順位を決定するのですが、作業を早く完了したチームが高得点をとるとは限りません。
 

公衆や作業者自身の安全に配慮し、北陸電力工事指針に即した作業を行ったチームが高得点を取ります。
 「制限時間内に安全に正しく作業を完了した」チームが最高得点をとるのです。

この競技会が毎年開催されることで、各業者が技能を切磋琢磨できるきっかけになっていると思います。また、出場者だけでなく、私のような見学者でも安全作業、工事指針を再確認できる良い機会となります。

 
Comment(2)

高圧停電範囲を最小限にする仮設開閉器

2009年09月15日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

高圧・低圧に関わらず停電によって作業する場合、
停電範囲を必要最小限度にしなれけばなりません。

高圧停電は先日お話しした高圧区分開閉器(詳しくはココをクリック!)を利用し実現可能ですが、「自分たちが作業する電柱だけを停電する」ように配置されていないのが現実です。

そこで「停電範囲を必要最小限とする」ために仮設開閉器が利用されています。

PA090002_1.jpg
高圧区分開閉器が「常設」であるのに対し、仮設開閉器はその名の通り「仮設」です。高圧停電作業日の前後数日間のみ一時的に電柱へ取付けます。

機器の基本的な仕組みは区分開閉器と同じです。
開閉器に付いているレバーを手で操作することによって高圧電力のOn/Offをします。



PA090004_1.jpg上の写真を拡大したものです。


←が仮設開閉器です。

仮設開閉器は現在の配電線工事において欠かせない存在です。高圧停電作業をする殆んどの現場で仮設開閉器を取付けています。

停電しなければできない仕事もあり、皆さんにはご迷惑をおかけしますが、できるだけ小範囲の停電となるように仮設開閉器が活躍しています。

 

気になるCM

2009年09月07日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

最近、気になっているテレビCMがあります。

最初にお断りしますが、CMの内容とは無関係のどうでも良いことです。

某生活用品のCMなのですが、CM途中にアニメーションがあり、
そのアニメーションでは道路が描かれています。道路の脇には電柱と電線も・・・

その電線、私の目から見れば「高圧配電線」なのですが、その線の数は4本。


・・・4本・・・



 4本!?



09090701.jpg
「高圧線で電線4本はちょっと違うような・・・」
日本の高圧配電線1回線当りの電線数は2本、または3本と把握しています。

時々、1本の電柱に2回線、すなわち6本の配電線が掛かっている時もあります。
(低圧線であれば電柱間に4本の線が延びている時もあります。)

宣伝している商品とは全く無関係な部分なので、本当にどうでも良いことなのですが、一度発見してしまったら、そのCMを見る度に気になってしまいます。


これも一つの職業病?こんなこと気にしてるは私だけです。スミマセン。

 
Comment(2)