お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

首都圏大停電!

2006年08月14日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

本日、首都圏で大規模な停電がありました。

読売新聞の記事によると、
”約139万世帯で一時送電がストップした。旧江戸川にかかる送電線にクレーン船が接触、電線が損傷を受けたのが原因とみて調べている。”

クレーンという金属物によって送電線の線と線が接触、短絡したため、停電が発生したのだと思います。

また、読売新聞の記事にはこうも書かれています。
”東京電力によると、今回の停電が大規模になった原因は、損傷を受けた送電線が発電所に近い「上流部」にあたるためだった。損傷を受けた送電線は「上位系統」と呼ばれる。住宅地の細い電線が切れただけなら、1000軒程度の停電で済むといい、東電は、「電力供給源の大本が損傷したことで大きな影響が出た」と話している。”

確かに発電所に近い送電線の事故で、送電がストップすると、大規模な停電は避けられませんね。

さらに記事は続きます。
”東電によると、損傷を受けた送電線には、1本の送電線が傷ついても停電が起きないよう、予備用の送電線も架けられている。しかし14日のトラブルでは、クレーンによって送電線が2本とも傷つけられたため、復旧までに時間がかかってしまったという。”

全ての電力会社は予備用の送電設備を持っています。
電気というライフラインに事故が発生しても、早く復旧できるように配慮されているのです。

また、記事中の「住宅地の細い電線」とは配電線のことですね。
配電線も予備用の電力供給ルートを備えています。
電柱と電線によって形成された配電系統が網の目のように構成され、1つの配電系統が停電しても別の配電系統から電力を供給し、できるだけ停電しないような仕組みとなっています。

しかし、予備用配電系統があっても停電する場合があります。

1.変電所に近い配電線で事故が発生した場合
発電所に近い送電線に事故が発生すると、大規模な停電となることと同様、「上流の配電線」で事故が発生すると大規模な停電となります。

2.1つの配電系統のみで電力が供給されいる地域で事故が発生した場合
配電系統の末端近くなど、電力供給ルートが1つしか存在しない地域の配電線で事故が発生すると、別の供給ルートが無いため、電力供給がストップしてしまいます。

上記のケースで停電が起こった場合、北陸電力と私たち外線業者が協力して復旧作業にあたります。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています