お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

碍子・がいし・ガイシ〜その2〜

2006年09月08日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

碍子には、用途によって様々な種類があるとお話しました。

では、どのような種類があるのでしょう?

使用する碍子を決定する要素も様々ですが、主なものを挙げると、次の様になります。

1.どんな電圧の電線を支持するか?
2.どんな太さ、材質の電線を支持するか?
3.碍子にどれくらいの強度が求められているか?
4.どのような形で電線を支持するか?


殆んどの場合、この4つの要素の組合せで、使用する碍子の種類が決まってきます。

例えば・・・
「低圧」の「細い銅線」を「そんなに強度を必要としない場所」に「風が吹いたとき、他物に接触しない形」で支持するのに適する碍子は・・・
と、このように4つの要素をはっきりとさせれば、おのずと使用する碍子が決まります。


製造メーカーでも、上の4つの要素のそれぞれの組合せに対応した碍子を製造しています。

今回のお話は、ちょっととっつきにくかったかも知れません。
次回にも続きますが、どうかお付き合い下さい。

 
Comment(4)