お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

失敗談

2006年11月27日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日は、昨日やっちゃった大失敗の報告です。

昨晩、緊急工事のため、石川県白山市森島町へ行きました。
北陸電力より連絡があり現場へ向かいました。
故障状況を見ると、動力用の引込線が断線しています。
仮復旧は無理のため、新しい電線と取り替えることにしました。

高所作業車を使用しての作業です。

「早く復旧しないと!」

慌て者の私は、作業車のハザード、スモールライト、エアコンをつけっぱなしにして、作業を開始しました。

現場は住宅地のど真ん中。時刻も21時近くです。

「エンジンの音がうるさいな・・・近所迷惑にならないように、できるだけエンジンを切って仕事をしよう・・・」

バケットの中からでもエンジンのOn/Offができます。
私は、バケットを地上5mほどまで上昇したところでエンジンを切り、そのまま20分ほど作業をしました。

「よし、こっちの作業が完了したから、あっちへ移動して次の作業だ。
・・・エンジンをかけよう・・・」

エンジンスイッチOn!

・・・シーン・・・

「え?もう一回On!!」

・・・シーン・・・  

・・・もしや・・・ ・・・でなくて、確実に・・・

「バッテリーがあがった!」

ピクリとも動かなくなった高所作業車のバケットの中で、私は自分の犯したミスに気付きました。

「ハザードチカチカ、エアコンガーガーなのにエンジンずっと止めとったからや・・・」

「どうしよう、動けない・・・というか降りれない・・・」

会社へ救援の連絡をし、待つこと30分、ブースターケーブルでエンジンをかけて何とか作業を開始することができました。

そして、やっと作業完了。

復旧作業に出向いたお宅には、ご迷惑をお掛けしました。

ご主人には、現場到着時、「1時間くらいで直ります!」といって始めたものの、結果的には作業完了まで2時間以上かかりました。
また、会社の者が来るまでバケットの中でポツンと待っている私に缶コーヒーの差し入れまでして頂きました(2階の窓から渡して頂きました・・・)。
さらに、ブースターケーブル到着後、ケーブルをつなぐお手伝いまでして頂きました。

本当にありがとうございます。

ライフラインを守りに行ったのに、逆にお世話になってしまった・・・





 
Comment(3)