お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

金沢市若宮町での建柱作業〜その2〜

2006年11月29日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

遅れましたが、金沢市若宮町での建柱作業の続きです。前回では、建柱車をセットしたところまでお話しました。
(前回の記事はこちらをクリック)

20061129183306.JPG前回もお話しましたが、建柱位置はお客様の畑の隅です。
写真の赤丸部分に建柱することとなりました。

建柱する柱は、長さ10メートルのCP(コンクリート柱)です。

ちょっとここで、電気工事業者さん向けの説明をします。
今回は、電力柱から家屋の受点まで距離が50メートルあります。
そこで、電力柱と受点の中間地点にCPを建柱することとなりました。
電力柱〜新設するCP間の引込線はDV14sqなのですが、新設するCP〜受点間は、DV38sqを張ります。

20061129184835.JPG
アースオーガで掘削スタートです。

グリグリ・・・電柱長が10メートルなので、深さ1.7メートルまで掘ります。
コンクリート塀の基礎が地中にあることが予測されましたが、無かったので、そのまま掘り進みます。

20061129185247.JPG

アースオーガのつばに泥がたまったので、一旦上げて、スコップで泥を落とします。

この土地の地質はとても粘り気の強い粘土質でした。
このような地質の地層には、ほとんど石がありません。

調子よく、どんどん掘り進んでいきます。


20061129190853.JPG20061129190909.JPG
←1.7メートル掘れました。
建柱車のクレーン部で電柱を吊り、掘削した穴に入れます。

電柱の姿勢を確認し、調整した後、掘り出した泥を穴に埋め戻して工事完了です。→




今回の現場は、とても掘りやすい地質でした。工事開始から2時間弱で終了しました。
白山市内では、必ず石がごろごろ出てくるので、この現場のようには仕事が進みません。

 
Comment(2)