お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

DV線の断面を見る

2007年01月17日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日はDV線の断面を見てみようと思います。

3DV.jpeg写真は、株式会社エクシムさんのホームページのものを利用させていただきました。
エクシムさんは、このDV線の他、各種電線の販売・開発・製造を行っているメーカーさんです。
興味のある方は一度、エクシムさんのホームページをご覧下さい。
(エクシムさんのホームページはこちらをクリック)

写真を見ると、3本の銅線がそれぞれ色分けされた絶縁被覆で保護されていることが分かります。

また、この電線は銅を導体として使用していますが、配電線用の電線では他にアルミニウムを導体として使用している電線もあります。


このDV線を経由して、電柱にある柱上変圧器(トランス)から皆さんのお住まいへと電力が供給されます。

電灯引込線の場合、

線間電圧は

 − 緑 で 100V
 − 緑 で 100V
 −  で 200V

となります。

つまり、住宅内の100Vコンセントへは、・緑線または・緑線から電力が供給されることとなります。
また、電気温水器等の200V機器へは、線から電力が供給されることとなります。

 
Comment(2)