お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

能登半島地震〜私の一日〜その1

2007年03月25日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

ご存知の通り、能登地方で震度6強を記録した強い地震がありました。
被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

地震発生時、私は寝室にいました。休日よくある「2度寝」をしてたのです。
しかしながら、何故かしら発生10秒ほど前に目を覚ましていました。

「え!地震?夢?いや夢じゃない現実だ。でかいぞ。長いぞ。」

生まれて40年近く経ちますが、こんなに大きな揺れを感じたのは初めてです。
ベットの上でうつ伏せのまま、大きな振動が続く時間を過ごしました。

揺れも収まり一安心。家に異常なし。

「あ!妻と子ども2人は子ども会の行事で集会場に居る!大丈夫?」
車を運転し集会場に向かいました。
顔を合わせるのはちょっと恥かしかったので、運転席から集会場の様子を覗いてみました。
「何事も無かったように、子どもたちが遊んでいる・・・取り越し苦労?」

「あ!もう一箇所行かなければならないとこがある!」

白山市湊町へ車を走らせました。
車輌接触事故で電柱が折れ、現在、仮支持処置をしてある現場です。
現場に到着。
異常なし。良かった。
電柱そばにお住まいの方に異常のないことを伝えた後に帰宅。

テレビでニュースを見ました。
「震源地は能登半島沖か!停電と断水もかなりあるみたい。家屋倒壊もある。心配だな・・・」
とテレビに釘付けになっていると電話が・・・

北陸電力より出動要請です。

被災地へ行き、事故復旧作業をして欲しいのこと。
社長は、作業員へ電話連絡し人員確保。
私は、出動の準備です。

そして、私を含め作業員3名で被災地へ向かうこととなりました。
(つづく)