お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

ジプシーの様に現場を移動します。

2006年08月02日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

建設業をはじめ、屋外で現場作業をしている皆さんは、1日に一体いくつの現場で作業をするのでしょうか?
「1日1現場」で作業する方が大半ではないでしょうか。

私たちは1日に複数の現場で作業をしています。
建設業界のジプシーと言っても過言ではありません。


実際、現場で私たちが電柱に上がってする仕事の所要時間はどれほどなのでしょうか?

電柱に上がってする仕事の種類は様々ですが、所要時間で考えると、1つの現場につき30分〜2時間で完了するものが多いです。
もちろん、半日同一現場に滞在することもありますし、1日〜数日間にわたって同一現場で作業することもありますが、ざっと分析すると滞在時間別の割合は、下記の通りだと思います。

 (30分〜2時間):(半日程度):(1〜数日間)
=    5      :  3   :   2


これより判断すると、全営業日の8割以上は複数の現場を回っていることになります。
バンク停電だと1日に3件ほど回ります。(バンク停電についてはこちらをクリック)
引込線工事になると1日に6件ほど回ることが多いです。

営業の仕事をされている方は、「まだまだ少ないよ。」と思われるかもしれません。
しかし、現場作業である建設業界、及び電気工事業界の中で配電線・引込線工事従事業者以外の方はどのような感じなのでしょうか?
1日1現場が基本なのでしょうか?
それとも私たちのようにジプシーなのでしょうか?

今日はふと疑問に思ったことを書いてみました。




 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています