お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

私たちの命を守る道具・検電器

2006年08月09日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。


これは、検電器というものです。
”検電器”とは、電線に電気が来ているかどうかチェックする測定器です。

電気を止めて、すなわち停電して作業する時は、作業開始前に本当に停電しているか確認する必要があります。
その時にこの検電器を使用します。



写真のように検電器を持って先端を電線に近づけると、電気が来ている(停電していない)場合、「ピーッ!」と音が鳴ります。停電している場合は、音が鳴りません。

写真では素手で検電器を持っていますが、実際に使用する際は、必要に応じて絶縁手袋を着用して検電器を持ちます。
もし、停電していない場合、特に高圧ですと検電器を近づけたことによって感電する恐れもあるからです。

私たちが普段使用している検電器は、中部精機株式会社さんの”高低圧用検電器(手動切替式)CSDV−3N”です。
防水仕様になっていますので、私たちの様な外線業者の使用に向いています。

石川県内の外線業者は、作業員各自がこの検電器を常に携行しています

停電していないのに、「電気が来ていないだろう。」と思い込んで作業開始し、感電する可能性もあります。
停電作業時は、作業に取り掛かる前に検電器で検電し、停電していることを確認してから、作業開始することを徹底しています。

中部精機さんでは、様々なタイプの検電器を製造しています。興味のある方は、中部精機さんのホームページもご覧下さい。(中部精機さんのホームページはこちらをクリック)

 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています