お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

電力メーターあれこれ〜その2〜

2009年02月25日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

今日はエルフナイト契約用の電力メーターを紹介します。

2009022519103028286.jpg←がエルフナイト用電力メーターです。

(写真が小さく分りづらいですが、)
前回紹介したものとは違って、電力量は液晶画面にデジタル表示されます。

このメーターは時計機能を内蔵しています。
時計機能はこのメーターにとって必要不可欠です。

何故なら・・・
エルフナイトでは、時間帯毎に料金単価が設定されているので、、各時間帯毎に使用電力量を計量しなければ、正しい料金計算ができません。


時計と連動しながら計量された電力量が、液晶画面に時間帯毎に表示されます。

 

電力メーターあれこれ〜その1〜

2009年02月17日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

皆さんは、家に取付けられている電力量計(電力メーター)をご覧になったことがありますか?

電力メーターにもいろんなタイプがあります。

契約容量に応じて大きさの違うものがあるのはもちろんですが、
最も大きな違いは「エルフナイト契約用」のメーターと「それ以外の契約用」のメーターに見られます(㊟「エルフナイト」とは北陸電力管内での時間帯別単価設定の料金プランです。)。

200902181816339898.jpg

←は、
エルフナイト以外の料金プラン契約用電力メーターです。

電力が使用されると、メーター内の円盤が回転し、それと同期して電力量がカウントされます。




CA330002.jpg
拡大写真です。




←この円盤(写真中の銀色の線)が水平方向に回ることで電力量指示数がカウントアップする仕組みになっています。

次回は「エルフナイト契約用」の電力メーターを紹介します。

 
Comment(2)

着雪と配電線事故

2009年02月09日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回記事でも触れましたが、配電線にとって雪は大敵です。

ある条件を満たすと、電線に雪の固まりが付着した状態(着雪)になります。
↓↓             ↓↓            ↓↓
2009020715550014309.jpg
甚大な着雪は断線事故につながります。
着雪した雪の重みで電線が切れてしまうのです。

しかし、着雪しにくい形状の絶縁被覆の開発もあり、近年は電線着雪による断線事故はほとんど発生しておりません。

問題は樹木への着雪です。

北陸の雪は水分を多く含んでいるため、
着雪が進むと、樹木1本ごと根元近くから折れて倒れることがあります。

そうなると、

倒れた樹木が電線に覆いかぶさって断線したり、

電線が太いと、電線が切れずにそのまま電柱を引っ張り電柱を折ってしまうこともあります。

着雪による樹木倒壊は配電線事故(停電)につながるため、
ある程度の積雪があると北陸電力さんは倒れそうな樹木が無いか巡視に回るそうです。

 
Comment(2)

輪島での伐採作業

2009年02月02日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。
前回の記事の続きです。

輪島では、山間部で枝の伐採作業を行いました。

200902031344541357.jpg山間部では木のそばに電柱が建っている場合が多いです。

そのような状況で降雪があった場合、枝葉についた雪の重みで枝が垂れ下がったり、枝が折れかかったりして電線に覆いかぶさるような状態になることがあります。

←写真の通りです。

危険な状態です。
放置すれば、枝の重みで断線するかもしれません。

この電線に乗っている枝を撤去するのが今回の作業です。




小枝程度なら手で持ちながらノコギリで切れるのですが、ある程度の大きさを超えると、手で持つことはできません。

P1280006.jpg枝を手で持てない場合、
   建柱車で枝を吊り、切断することになります。
←枝を切断する作業員は高所作業車に乗ります。

私たちは1月28日に輪島市内の山間部を8箇所回り、十数本の枝を撤去しました。

この日は私たちの他に石川県、富山県から外線業者が各一社、伐採作業に当たりました。

路面状態が悪く、現場間の移動に苦労しましたが、時間内に対象となる枝を全て撤去することができました。

本作業において北陸電力衫愿膸垰拇垢諒たちに大変お世話になりました。ありがとうございました。