お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

ライバル(?)紹介

2008年03月31日

こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

私のブログの良きライバル(どういう意味で?)である
「石川県電気工事工業組合 金沢本部青年部」のHPがこの度、リニューアルしました。


みなさん、一度お立ち寄り下さい。こちらをクリック!
私を含め、元気で若い(?45歳で卒業です)青年部員の活動が紹介されています。

恥ずかしながら、これまであまり更新されてなかったのですが、
今後は、年に数回更新する予定です。
私のブログ同様、こちらもよろしくお願いします。




 


 

勝手に2周年記念。

2008年03月25日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

このブログも2006年3月24日にスタートしてから2年が経ちました。

挫折しそうになりながらも何とか続けてこれたのは、
ブログに訪問してくださった方たちのお陰です。
2008年3月25日時点で、アクセスカウンターが63,000を越えました。

本当にありがとうございます。

またその間、コメント・メールも多くの方から頂戴しました。
とても励みになりました。感謝しております。

(ちょっと方言混じりますが・・・)
「安井電気って何やっとるん?」
「外線工事って何なん?」
「電気って分らん!」

この疑問にお答えしながら皆さんと良い関係が築けるよう、本ブログを続けていきます。

これからも私のブログ、
「ライフラインは俺たちが守る!!・・・電気だけよ・・・」をよろしくお願いします。
ちょっと恥かしいタイトルですが・・・。

 
Comment(9)

昨夜は夜間作業で・・・

2008年03月19日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

3月19日(水)午前0時30分〜午前5時の間、
白山市北安田町で高圧停電作業を行いました。

いわゆる「夜間作業」です。

夜間作業を実施する条件の主なものは次の通りです。
・交通量が多い場所で作業する場合
・大きな電力を供給している配電線経路を停電する場合
・昼間、絶対停電できない需要家がある場合

弊社では、平均して月に1〜2回の夜間作業があります。

今日は「夜間作業明け」ということで休日です。
ゆっくり休んで、明日からまた頑張ります。

 
Comment(4)

電柱折損事故【再び】〜その4〜【最終回】

2008年03月12日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回お話した通り、新電柱を建柱したので、それを利用して折損柱を支持します。

02250018.JPG


建柱車で折損柱を吊り、
地際でつながっている鉄筋を切ります。


鉄筋が全て切れたら、
折損中の底部をできるだけ新電柱に近い場所へ移動します。
(上の電線に注意しながら、少しずつ移動します。)







02250021.JPG



折損柱底部をそっと着地させ、
荷締器で互いの電柱を固定します。









02250019.JPG

電柱上部も支持します。


今回は、普段電線支持に使用するアーム(腕金)と取付バンドを利用し互いの電柱を固定します。


写真では分りづらいですが、
電柱中間でも荷締器を使って固定します。


折損柱には、昇柱できません。
新電柱に作業員が昇柱し、折損柱へは高所作業車を使ってバンド等の取付け作業を行います。



02250024.JPG

仮支持完了で本日の作業は終了です。


時刻は午後5時過ぎ。
暗くなる前に終わることができてホッとしました。


後日、高圧停電で折損柱から新電柱への電線移設(移動)を行います。


折損柱は、丸坊主になってから撤去します。

 
Comment(1)

電柱折損事故【再び】〜その3〜

2008年03月08日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回のお話通り、地盤が固くアースオーガでは全く掘り進めなくなりました。

こんな時は、ミニショベルの力に頼るしかありません。

しかしながら、我社はミニショベルを持ってません。いつも外注です。
電話で業者さんの都合を問い合わせたところ、午後から来ていただけるとのこと。
よかった〜。何とかなりそうです。

午後1時、ミニショベルとオペレーターさんが現場に到着。
早速、掘り始めます。

02250012.JPGミニショベルの爪なら敷き詰まった石も掘り起こせるので、
ガリガリと掘り進んで行けます。

しかし、穴の底から水が湧き出ているので、オペレーターさんも中の様子が分らず、掘りにくそうです。
また、水のせいで関係ない部分の土も崩れてきます。

中の様子を伺いながら、少しずつ掘り進んで行きます。

掘り続けること約1時間、2m45cmまで掘れました!
穴が崩れてこないうちに電柱を入れます!

02250015.JPG

新電柱が建ちました!根入れ深さもOKです!



電柱の傾斜・向きを調整した後、土砂を埋め戻します。

時刻は午後3時頃。新電柱の建柱完了です。

しかし、まだ作業完了ではありません。

新電柱で折損柱を倒れないように支持しなければなりません。


あと一息です(つづく)。

 

電柱折損事故【再び】〜その2〜

2008年03月01日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

電柱折損事故等の復旧作業時、
立会いに来られた北陸電力社員さんと作業手順を協議・決定後、作業を開始します。

作業手順は現場の事故状況に左右されるので、毎回同じとは限りません。

02250011.JPG前回の折損事故での作業手順は、
1.折損電柱の地中埋設部を抜き取る。
2.電柱が元あった位置に新柱を建柱する。
3.配電線を停電させる。
4.電線を折損柱から新柱に移設する。
5.折損柱を撤去し、配電線を復電する。

でしたが、今回(本日)の作業手順は、以下の通りです。
1.折損電柱のすぐ隣りに新柱を建柱する。
2.新柱で折損電柱を支持し、倒れないようにする。

今回は(電線の移設)=(配電線の停電)が本日中にできません。
停電による電線移設作業は後日となります。
電線の移設ができませんから、折損電柱の撤去もできません。
そこで新しく建てた電柱を利用して、折損電柱が倒れないよう処置します。

02250007.JPG
建柱車のアースオーガで新柱用の穴を掘削開始します。

今回も建柱する電柱の長さは14mです。
深さ2m45cmの穴を掘ることになります。

折損電柱の地中埋設部分近くを掘削するので、
掘削中の穴に埋設部分がずれてこないように処置後、
注意深く掘削します。

02250010.JPGこの地域の地盤は、
深さ2m近くまでは比較的軟らかいのですが、
2mを超えると、急に固くなります。
握りこぶし〜サッカーボール大の石が隙間無くびっしりと敷き詰まっています。

このような地盤ではアースオーガがあまり役に立ちません。
深さ2mを超えたとたん、殆んど掘り進まなくなりました。

しかも、海の近くなので底から水が出てきます。
晴れてるのに・・・
これでは、穴の中の様子も分りません。

何とか少しずつアースオーガを掘り進めますが、時はもうお昼近く・・・
深さは2m30cmほどになりましたが、地盤は一層固くなり、
遂にアースオーガでは掘り進むことができなくなりました。
(どれだけグリグリやっても下に入って行かないんデス・・・)

この調子じゃ電柱が建たないよ〜。何とかしないと・・・(つづく)。

 
Comment(3)