お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

仕事にもLEDの恩恵を

2009年07月30日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

弊社では月に1〜2回ある夜間作業(夜間工事)。
夜間作業では、ヘルメットにヘッドライトを取付けます。

090730.jpg
ヘッドライトも従来の電球型からLED型に変えました。
ここでもLEDの利点を体感しています。

もう電球型には戻れません!
LEDヘッドライトとても良いです!!


LDEの良い点は、以下の通りです。



・首の疲れが軽減
ヘッドライトの電源は乾電池。ライト本体に内蔵です。以前使用していた電球ヘッドライトでは単3乾電池4本使用でしたが、LEDでは単4電池3本。消費電力が小さくなったLEDのお陰で電源となる電池の重量も減りました。夜間作業では毎回5〜7時間付け続けるので、このわずかな重量差も首の疲労軽減に役立ちます。

・電池交換の心配なし
これも消費電力が少なくなったお陰です。電球でもLEDでも毎回新品のアルカリ電池を入れて作業に臨むのですが、電球では作業後半になると電池残量もかなり少なくなり、光量不足となることがありました。LEDではその心配がありません。

・電球交換が不要
電球ヘッドライトでは、「球切れ」が起こります。予備電球を本体に内蔵してあるのですが、「球切れ」が起こると、作業を中断してヘルメットからヘッドライトを外し、電球の交換をしなければなりません。電柱の上でそれを行うのはとても面倒ですし、本来の仕事の効率も落ちます。LEDは長寿命のお陰で今まで交換をしたことがありません。

このように仕事でもLEDの恩恵にあずかっています。

 

LEDのメリット

2009年07月21日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

e-core_led_lamp.jpg(写真は東芝ライテック蠕E-CORE[イー・コア]LED電球です。
〜東芝ライテック蠅気鵑裡硲个茲蝓繊

従来型の電球と比較したLEDのメリットは以下の通りです。

・消費電力が少ない
・長寿命
・放射熱が少ない
・紫外線・赤外線をほとんど含まない

その他、「水銀を含まない」「割れにくい」などがあります。
詳細は東芝ライテック蠅気鵑裡硲弌孱味釘弔隆霑鍛亮院廚鬚翰下さい。こちらをクリック!!

LEDはイニシャルコストが従来型の電球に比べて高くなりますが、ランニングコストが抑えられるため、長い目で見ると「経済的で」「エコな」電球と言えます。

また、「小電力」「長寿命」「低発熱」は私も何となく知っていましたが、
「紫外線・赤外線をほとんど含まない」点については初耳でした。

これは何が利点かと言うと・・・「虫があつまりにくい」そうです。

みなさんも環境にやさしいLED電球の導入をご検討下さい。
東芝ライテック蠅気鵑裡硲个→こちらから。

 

電気工事工業組合・白山支部若手組合員交流会に参加

2009年07月16日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

「白山支部若手組合員交流会」が支部長・桜田 剛さんの発案で開催されました。
「支部内若手組合員の技術力向上と交流を深める」ことが目的です。

11名の20代後半〜40代前半の若手(!?)組合員が参加。
私も40代前半ですが、まだまだ若手!ということで参加させて頂きました。

2009071719261029591.jpg
第一部は勉強会。

東芝ライテック蠅気鵑鬚迎えし、「LED照明」の勉強会です。

LED照明はエコの観点からも注目されている新商品です。

普段、電柱ばかり上っている私にとっては新しい知識を得ることができて良かったです。

第二部は意見交換会。

白山市の電気設備を支える(!)若手組合員達で様々な意見交換がされ、みなさん有意義な時間を過ごしたたはず・・・と憶測で書いているのは・・・実は残念ながら私、所用で途中退席したのです・・・申し訳ありません。

フル参加はできませんでしたが、それでもLEDに関する知識を得ることができました。
次回は、その「LED照明のメリット」についてご紹介します。
皆さんはもうご存知の情報かもしれませんが・・・

 

成瀬電気工事螳汰澗膕颪忙臆

2009年07月01日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

成瀬電気工事蠅気鵑琉汰澗膕颪忙臆辰靴泙靴拭

2009070614152514474.jpg←の写真にもある通り7月1日〜7日は毎年、全国安全週間となってます。

この理由で、7月初めと年初(仕事初め)に安全大会(安全祈願)を行う企業が多いです。
弊社も同様に年2回、白山市内の神社で安全祈願をしています。


本会中に日本赤十字社さんによるAED使用方法の講習を受けました。

2009070615060322035.jpg私、心肺蘇生法(人工呼吸と心臓マッサージ)による救命処置の講習を受けたことはありますが、AEDに触れるのは初めてです。

赤十字社の職員さんの説明を聞きながら、訓練用AEDを使っての受講です。

AED本体は、フタを開けると音声ガイダンスが始まり、それに従って処置をすれば、事前にAEDに触れたことの無い人でも利用できるような仕掛けになっています。


しかし、心肺蘇生法・AED共に「もしも」の話ですが、実際に使用するような場面に遭遇した場合、適切な処置ができるか個人的には不安です。

正確・迅速な対応が必要とされますから、そのような行動ができるかどうか・・・

仕事ではAEDを使う機会がないように安全作業。
災害等でAEDを使わなければならなくなった時、正しく使用。

これが理想ですね。