お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

上を向いて歩いている人は・・・

2006年05月03日
こんにちは。安井電気の安井健一です。

ゴールデンウイークの真っ只中ですね。
今日はお休みの方も多いと思います。

ゴールデンウイーク中は仕事からちょっと離れた話題でお話しようと考えています。

ゴールデンウイークに限らず、みなさんは旅行等で、普段住んでいる都道府県の外へ出かける機会があると思います。
私も当然ですが、あります。

県外に出ると気になるんですよ・・・電柱が。

電柱に取付ける金物、碍子、機器などを”装柱物”と言いますが、その装柱物の形状や電柱への取り付け方法が、実は電力会社によって違うんです。
安井電気工事株式会社がある石川県は、北陸電力の管轄でありますが、同じ北陸電力管轄である富山県や福井県に行っても、装柱物は殆んど同じでも、装柱方法が違っていることがあります。

配電線工事業者の性といいますか、どうしても歩いている時は上ばっかり見てるんです。
気になるんです・・・
電柱が・・・
興味津々なんです。

電柱を見ながら、「こんなのあるんだ!」とか「へー、こんなやり方あるの!」と、一人で叫んでます。

これは家族で出かけた時等、外線業者が私一人しかいない場合ですが、同業者や社員のみなさんと集団で県外に出かけたときは、はたから見るとすごく滑稽な集団に見えるでしょう。

集団の全員が上を見ながら「あーでもない。こーでもない。」と電柱を指差して歩くのです。変ですよね。

みなさんも旅行中、キョロキョロ上を見ながら歩いてる人を見かけたら、「あ、あの人は外線工事をやっている人なんだ。」と思ってください。
決して不審な人物を見る目で見ないでくださいね。


 
Comment(2) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています