お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

私たちの命を守る道具〜柱上安全帯〜

2006年05月10日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

みなさん左の写真に映っているものは何でしょう。
これは、”柱上安全帯”といって電柱に上がって作業するときに使用するものです。
柱上安全帯を使用する目的は2つあります。
1つは勿論、柱上からの墜落防止です。
もう1つは、作業姿勢をとるためです。
写真中の安全帯は私が普段、実際に使用しているものです。


実際に柱上安全帯を使用しての作業風景が右の写真になります。
この写真をご覧になれば、この安全帯が墜落防止に役立っていることが一目瞭然ですね。

しかし、「作業姿勢をとるために使用する」とは何でしょう。

右の写真をクリックし、拡大して見てください。
安全帯で電柱を一周しているロープ部はピンとまっすぐに張っていることが分かります。
これは、体重を自分の後方に掛けているからですね。

膝を曲げずに脚をまっすぐに伸ばし、体重を安全帯を装着している腰部分の後方にかけて安全帯をまっすぐ張った状態にします。

”電柱”と”安全帯”と”自分の足”によるきれいな三角形を作ることで初めて、作業しやすい姿勢がとれるのです。

生まれて初めて電柱に上がるとこの”三角形”を作ることができません。
以前にも書いたことがありますが、全ての人が”電柱にダッコちゃん状態”になります。
自分の後方に体重をかけてることができません。
安全帯に体重をあずけるのが怖いのです。
自分の体が電柱から離れることが怖いのです。

まあ、慣れれば柱上で”イナバウアー”もできるようになります。
体が柔らかければの話ですが・・・

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています