お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

私たちの命を守る道具〜柱上安全帯〜その2

2006年05月12日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

前回に続いて柱上安全帯のお話です。

私たちが使用している安全帯は藤井電工株式会社さんのツヨライトE柱上安全帯という製品です。
藤井電工さんの製品にはいつもお世話になってます。


写真は藤井電工さんのホームページに掲載されているものです。
この安全帯は、製品種類で分けた場合、「胴ベルト型安全帯1本つり・U字つり兼用(補助フック付)(柱上安全帯)」とされています。
私たちは通常、「補助フック付柱上安全帯」と呼んでいます。

この安全帯は、ロープの両端にフックが取り付けてあります。

1つは本フックで、この本フックの付いたロープを電柱にぐるりと1周させ、胴ベルトに付いているD環と呼ばれるフックを引っ掛ける金具にカチャン、と掛けて使用します。

もう1つのフックは、補助フックと呼ばれています。
フック付近のロープの色が緑色になっている方です。
電柱に上がる途中、電線等が邪魔でどうしても本フックをD環より一旦外さなければならない時があります。
そのような場合に補助フックを電柱に(主に足場ボルトに)掛けるのです。

補助フックと本フックを併用することで、常にどちらかのフックが電柱に掛かっていることなり、墜落を阻止しするように設計されています。
また、作業中も補助フックを掛けておくことによって、万が一、ロープが切れた場合も墜落を阻止できるようになっています。
(5月10日記事の写真も合わせてご覧下さい。)

白山市内を初め、石川県内の配電線工事従事者の殆んどが藤井電工さんの柱上安全帯を使用しています。

柱上安全帯に興味のある方は、藤井電工さんのホームページもご覧下さい。
藤井電工株式会社さんのホームページはこちらから

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています