お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

私たちの命を守る道具・ヘルメット〜その2〜

2006年05月27日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。


ヘルメットをひっくり返してみました。

発泡スチロールであったり、形状を工夫したベルトであったり墜落時や飛来物からの衝撃を和らげる仕組みが見られます。

気を付けてはいるのですが、作業中、電線が「こつん」とヘルメットに当たることがあります。
電線を手でグニャグニャ曲げたり、持ち上げたりした際に、勢いあまって自分で自分の頭に当ててしまうんですね。

でも、そんな時は「こつん」なので、「あ、当たった」みたいな感じで全然痛くはありません。

一度、雪の塊がヘルメットを直撃したことがありました。
5階建てマンションのてっぺんから、積もった雪の一部が溶けて落下し、偶然にも私の頭に当たったのです。

ヘルメットのお陰で怪我はしませんでしたが、その時の衝撃は凄かったです。
何が起こったのか、すぐには理解できませんでしたから。

そんなこともありましたが、私たちの頭部はいつもスターライト販売さんの製品に守られています。
興味のある方は、スターライト販売さんのHPもご覧下さい。
こちらから。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています