お知らせ
検索窓
会社情報
でんきの話
しごとの話
個人的な話
お問合せ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
私の仲間のブログ(追加順)
リンク
採用情報

電柱の根入れ深さ(根入れ長)

2006年11月02日
こんにちは。安井電気工事の安井健一です。

先日お話した石川県白山市立東明小学校近くの現場での出来事です。

10270011.JPG
建柱作業中、付近の住民の方が、見物にいらっしゃいました。

「電柱建てるのに、こんなに掘るんか!」

驚いていらっしゃいました。

根入れ深さ(根入れ長)については、以前、少しお話しましたが(詳細はこちらをクリック!)、もう一度、説明しようと思います。

電柱の根入れ深さは、
「全長が15m以下の場合は、全長の1/6以上、
全長が15mを超える場合は、2.5m以上」とするように定められています。

ここで、北陸電力規定の標準根入れ深さを電柱の全長別に記します。
 8m → 1.4m
 9m → 1.5m 
10m → 1.7m
12m → 2.0m
14m → 2.4m
16m → 2.5m

土木工事に従事される方は、覚えておくと役に立つことがあるかもしれません。
「10m以下なら1.5〜2.0mの間、12m以上なら2.0〜2.5mの間」と覚えた方が楽かもしれません。

「実際に建っている電柱の全長は、どうやって知るの?」とおっしゃる方は、こちらの記事を参考にして下さい。→電柱の全長を知るにはこちらをクリック!

 
Comment(2)